シリマリン

個人輸入 格安

SOLARAY
ソラリー社製

    

 

送料は無料です!

お申し込みは
お電話03−5485−9407
または
下記買い物カゴよりお申し込みください

90カプセル
4,900円 

 

 マリアアザミ(ミルクシスル)はヨーロッパ各地に自生する菊科植物でその種子は古くから肝臓病に効く薬草として用いられてきました。 ドイツでは医薬品として認可され肝臓病の治療に使用されています。 
 

 マリアアザミ(ミルクシスル)はヨーロッパではドイツ周辺でよく見かける野草です。マリアがつくのは、葉にマリア様の涙がついて白い模様が出来たからなどの逸話からきているそうです。

  肝臓は、ストレスを直接受ける器官で、心臓と同じく即時に影響をうけます。タバコ、お酒、思いもかけぬ大失敗、夜更かしなどは肝臓への負担が極大化します。ストレス社会では、肝臓機能障害が多発するのも当然です。 現代医学では実に多くの肝臓薬が開発されています。その肝臓薬の殆どが、肝臓機能が正常時に働いてこそ機能する肝酵素物質です。

  肝臓の薬の殆どが補填することで機能回復をさせようというものです。ですから根本的には肝臓そのものには働かないわけです。数々の開発にもかかわらず、肝臓病は完治されない現在において、結局生活のなかで日常を改善して自己回復を目指す以外には方法はありません。シリマリンは肝臓の細胞の保護、再生を助ける作用によって自己回復のサポートをします。

 ミルクシスルに含まれるシリマリンとは 1968年に、ミュンヘン大学で種子の有効成分が特定され、化合物分離が成功して、Silymarin (シリマリン)と名付けられましそして、1960年代後半からは、更に薬理学 上の効果や安全性実験が多数行われています。

 シリマリンはドイツではアメリカのFDA(医薬局)にあたるドイツBGAで1986年に、肝硬変、慢性肝炎、アルコール性、化学物質性の肝脂肪浸潤治療にミルクシスルの効能が認定されました。  その後も、Silymarin常用でアルコール性肝疾患の予防効果が認められる等、欧州各国での研究拡大に至りました。その結果、アメリカにいたるまで広く利用が拡大したものです。

 使用方法: 1日1回 3カプセルを食事と共に水で使用して下さい。

この商品は
1錠につき
◎ミルクシスル(マリアアザミ種) 140mg
 (シリマリンはその内の112mg
  ◎ ウコン根 純度95% 200mg
  ◎ ダンディライオン(タンポポ根) 1000mg

注意:妊娠中、授乳中の方はご使用になる前に医師にご相談ください

ミルクシスル、マリアザミ、シリマリンの関係とは?
------------------------------------------------
ミルクシスルとはマリアザミの2年草の事です。  そのマリアザミの種子にシリマリンという成分が入っているのです。

 

胃・肝臓・糖尿病一覧

トップージへ戻る

潟vロサイド